査定に際しての注意点


デジタルカメラの買取サービスを実際に活用されるに際しては、専門店の店頭に現物を持ち込む、もしくは宅配便などを利用しての送付から査定を仰ぐなど、対象となるカメラを売却予定先に一旦預けねばなりません。多くの場合はある程度の概算査定を事前に取り付け、それに納得した上での実際の査定作業となる流れになりますが、この時点で注意すべき点として、カメラの状態が見過ごせません。

画像例えば画像が記録されたまま、保存画像を残したチップが挿入されたままでは、写った人物や風景の肖像権その他の権利の侵害のリスクが否めません。とりわけ近年世の中全体が、こうした権利関係に対して非常に過敏となっており、細心の注意が必要です。また汚れやホコリが付着したままでは、どれだけ冷静な査定が義務の査定担当者であったにせよ、第一印象でマイナスの先入観を抱いてしまい、無用な辛口査定に繋がってしまい兼ねません。また手元に残っている外装や内装、取扱説明書など、購入時に付属から現存している全てが査定対象と捉えておきましょう。

とりわけ宅配便などで送付する場合、送料負担や交渉不成立時の返却に関しての確認作業も欠かせません。個人情報となる振込先の詳細を伝える必要もあり、店頭持ち込み以上に慎重な対応が求められます。